青年部では今、ホタルを飼育しています。まだまだわからないことも多く、アドバイスをいただきながらです。
あたたかく見守ってください。

平成14年8月29日(木)    
レンガの底にかなりの数の幼虫がいました。
下は最も大きな幼虫の写真です。
2センチはありました。
美味しそうにカワニナを食べていました。
 
     
平成14年8月29日(木)    
ゲンジホタルの飼育水槽を掃除しました。
産卵のために使用した水苔が散乱し水を濁すのとホタルの幼虫の確認が困難な為です。
水は水質に注意しながらほぼ全部入れ替えました。
孵化を確認して以来実際に幼虫は確認していませんでしたから。
写真のように驚いたのはあまりにも大きさが違うことです。原因は不明です。
いずれにしても飼育が順調なのを確認できたのでほっとした次第です。
 
 
     
平成14年8月 3日(金)    
久しぶりの更新でございます。
今年の6月に源氏ホタルの孵化に成功。
現在自家養殖で繁殖させているカワニナの稚貝を幼虫にせっせと与えています。
昼間は姿がほとんど見えないのですが推定数百匹は生存していると思われます。
幼虫に食べられたカワニナの稚貝の姿を撮影しました。
これからは水温の管理が大変ですが夏を越すと1cm前後の幼虫の姿が見えることでしょう!
 
 
     
平成14年1月25日(金)    

カワニナ5〜6匹発見。
貝殻の先が溶けているのはカルシウム不足との事。
生育には影響ないとの事なのでやや安心。
どんな貝殻でもいいから水槽にたくさん入れると解消されるとアドバイスしてもらう。
 

   
平成14年1月23日(水)  

カワニナと共に採取した岩に卵らしきものを発見。
カワニナの貝殻の先が数匹溶けているようになっているのを発見。
 

   
平成14年1月17日(木)  
井手町多賀南谷川にて大小さまざまのカワニナを約20匹採取。
カワニナはホタルの幼虫の餌になります。
 

 
平成14年1月13日(日)  

水槽セット